Pocket

 

どうもまーぼーです。

 

まーぼーは、先月から月1万円で純金積立を始めました。

 

安全資産を持とうと思った理由

 

まーぼーの金融資産の振り分けは、

 

グラフ

 

 

ざっくりですが、このようになってます。

リスク資産の振り分けが多いです。

 

資金量が少ないので、攻めの姿勢で投資してます。

 

この振り分けは、アベノミクス相場だからこその振り分けですので、

アベノミクス相場が終了すれば、危ないですww

 

アメリカで、利上げが今年中に開始される可能性が高い今、

まーぼーも資産の振り分けを見直す時期にきているということです。

 

(利上げが始まれば、預金の利息が増えるので、株の資金を引き揚げ、通貨に替える動きが出やすくなる

⇒株価が下がる可能性大。アメリカは良くも悪くも世界の中心、アメリカの動きは世界に波及するでしょう。)

 

 

純金積立を選んだ理由

そこで始めたのが、純金積立です。

要するに安全資産を持とうと思ったのです。

 

じゃあなぜ預貯金(円)ではなく金なのか。

確かに預貯金も安全資産に区別されるでしょう。

 

しかし、預貯金も安全資産とはいえない面があります。

無いとは思いますが、日本が破綻すれば円の価値はパーです。

ただの紙切れになります。世の中の出来事に絶対はありません。

 

ジンバブエの事例もあります。

(ジンバブエは極度のインフレで、1ドル=3京5000兆ジンバブエドルになり、ついに自国通貨が廃止になりました。)

 

そこで、せっかく安全資産を持つのなら、

なるべく安全な資産にしようと思ったんですね。

 

そして純金積立に行きついたわけです。

 

金の価値は、国の価値を図る為替や会社の価値を図る株式と違い、

世界中で需要がある以上、その価値は0になることは、ないでしょう。

 

また、不況や有事に強い側面もあります。

不況や有事の際には、資産の逃避先として選ばれやすいです。

 

ちなみに、金は消費増税にも関係があります。

金は購入時に消費税がかかります。

しかし、売却時には消費税分が上乗せされますので

実質消費税はかかりません。

 

つまり、消費税8%の現在買えば、

消費税が10%になった時、2%上乗せしてかえってきます。

 

 

純金積立を扱う会社の選び方

 

しかし、純金積立といっても扱っている会社は証券会社や、

金やプラチナのみを扱っている会社、銀行、信用金庫と様々です。

しかし、基本的に違いは、保管方法と手数料です。

 

保管方法には、特定保管消費寄託の2種類があります。

 

特定保管

例えばまーぼーが積み立てた金を会社が、

自社資産と分けて保管してくれることです。

 

この場合たとえ、会社が倒産してもまーぼーの金は必ず返却されます。

手数料は高めですが、最も安全といえますね。

行っている会社は少ないです。

 

消費寄託

例えばまーぼーが積み立てた金を会社が、市場で運用しています。

運用益を還元してくれることもあり、手数料は安めです。

 

しかし、特定保管と違い、自社資産と分けていませんので、

会社が倒産すれば金が返却されなかったり、

目減りする可能性があります。ほとんどの会社がこちらに当たります。

 

田中貴金属に決定

まーぼーは、悩んだ結果、特定保管を行っている

田中貴金属に決定しました。

GPプランナー

先ほども述べた通り、せっかく安全資産を持つのなら、

なるべく安全な資産にしようと思ってますからね。

 

年会費、保管料は無料。

手数料は月1万円で2.5% トータル毎月10.250円支払います。

 

1.000円~2.000円で5%

3.000円~9.000円で3.5%

10.000円~29.000円で2.5%

30.000円~49.000円で2%

50.000円以上で1.5%

 

10.000円以上なら多くの消費寄託の会社よりも手数料が安くなります。

(楽天証券、マネックス証券で一律2.65%)

また、月の積立とは別に任意のタイミングで購入するスポット購入では、

 

1.000円~2.000円で5%

3.000円~9.000円で3.5%

10.000円以上で無料

 

まとまったお金で購入する時などお得ですね。

 

まーぼーは、10.000円の場合の積立手数料と、

特定保管の理由で田中貴金属を選びましたが、

3.000円の積立の場合などは、他の会社の方が有利でしょう。

 

世の中には色々な投資の形があります。

これからも学んでいきたいと思います。

 

以上まーぼーでした。

 

 

まーぼー以外のためになる

投資ブログはこちら。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

Pocket